社員インタビュー

大きな可能性を秘めたEC市場。急成長するビジネスだからこそ、自分ならではの発想が発揮できる。

入社の決め手となったのは、面接の時などに感じた、活気があって大らかな社内の雰囲気。営業職では女性はまだ少数派だが、先輩たちにサポートしてもらいならが伸び伸び仕事に取り組んでいる。最近ハマっているのはセルフネイルデザイン。あれこれ考えることなく無心になれるリラックスタイムなのだという。

ネット通販サイトのお客様を対象に、バッグやアクセサリーの営業に取り組む。

EC事業部で海外ブランドのバッグやアクセサリーなど服飾雑貨の営業を担当しています。お客様となるのは、インターネット上でネット通販サイトを運営している企業の方。現在、十数社を担当しています。月ごとにお客様それぞれにマッチした商品を提案し、電話や直接会って商談を進めるというのが営業の基本的なスタイルです。ネット通販サイトというと、どこも同じような印象を持つ人もいるかもしれません。しかし、自社でサイトを運営していたり、楽天やAmazonなどに出店していたり、ターゲットとする顧客層が異なったり、ビジネスのスタイルも品揃えもお客様によってさまざま。お客様の特性にあわせて商品や売り方を提案するところにEC事業の営業の面白さがあります。
2016年に入社し、1年半ほど先輩についてOJTでビジネスの基本を身につけ、2年目の途中から独り立ちしました。元々文系だったので、入社してEC事業部に配属と聞いて最初は驚きました。それでも先輩に教えてもらいながら学び、現在ではITの知識やスキルも着々と身についてきたと感じています。

売上が伸びて、お客様にも喜んでいただける。この手応えが営業の仕事の醍醐味。

お客様との商談では、商品ばかりでなく売り方の提案も積極的に行っています。バナーなどサイトでの掲載の方法に変化をつけたり、同ブランドのバッグとアクセサリーの組み合わせを表示したり、同価格の商品だけを集めたページを作ったり、先輩たちの成功例などを参考にしながら自分なりに工夫しています。
あるお客様からサイトでの商品の掲示方法についてご相談を受けました。最近のネット通販では、価格比較サイトの影響もあって価格競争となることが多いです。そこで、特徴ある商品を組み合わせて、価格だけでない付加価値を加えて紹介する方法を提案しました。その結果、お客様の売上が前月比で1.5倍に増加し、「ありがとう!」と喜んでいただけました。ウエニ貿易の実績が伸びて、担当するお客様にも喜んでいただける。そういった際の手応えが営業の仕事の醍醐味ですね。

女性の視点も生かして、自分なりのスタイルを追求していきたい。

私は人と接する仕事が好きでウエニ貿易に入社しました。ダイレクトなコミュニケーションが営業の基本であることは、EC事業であっても変わることはありません。できる限りお客様と直接会って商談を進めるように心がけています。信頼関係も密になり、ちょっとした会話の中から新しい情報や売り方のヒントを得ることも多いです。
ネット通販の独自性や面白さをひと言でいうならスピード感でしょうか。バーチャルな世界だけに、商品の構成やサイトのスタイルを変化させるのも容易。それだけに大胆なチャレンジができます。成果がスピーディーに表れることも大きな魅力ですね。
ネット通販はこれからも伸びしろが大きく、ウエニ貿易の事業の中でも成長が著しい分野。また、発展途上だけに若い私たちの発想が発揮できる分野だと感じています。先輩たちにサポートしてもらうこともまだ多いですが、女性の視点も生かして自分なりのスタイルを追い求めながら成長していきたいと思っています。